住宅ローン返済・任意売却・競売のご相談は、さくらエステート 大阪の任意売却コンサルタントへ!専門家の無料相談を受付中!

大阪の任意売却コンサルタント|住宅ローン返済・競売の相談

 0120-721-520

通話料無料(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間 9:00~20:00(土日祝日対応)
メール相談 24時間受付中!
申し込みフォームをご利用ください

任意売却後の手続き

投稿日:2017年7月30日 更新日:

物件売却後の住宅ローン返済は?

不動産(ご自宅)を売却後も、ローン契約上は一括で返済することに変わりはありません。

しかし、現実的に一括返済は不可能です。

そこで具体的には、支払い可能な毎月返済額を債権者と交渉することになります。

住宅金融支援機構では、生活状況申出書を記入・提出して交渉するのが一般的です。

民間の保証会社債権回収会社も、同様の書類を提出または口頭説明して交渉します。

当社ではファイナンシャル・プランナーがあなたの家計を診断し、債権者(保証会社・債権回収会社)との交渉についてアドバイスさせていただきます。

最後まで完全サポートできる体制であなたをバックアップ致します。

▼生活状況申出書のサンプル

生活状況申出書

自宅を売却して損失が出た場合は税金の特例があります(平成29年12月31日まで)

5年を超えて保有する居住用財産を売却した際に、住宅ローンが残っており、売却の損失が出た場合、この売却損失を一定の限度でその年の他の所得から差し引くことができ(損益通算)、その年に差し引きしきれなかった金額については、翌年以降3年間繰り越して控除できます(繰越控除)。

【詳しくはこちら】

住宅ローンが残っているマイホームを売却して譲渡損失が生じたとき

(特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例)|譲渡所得|国税庁

さくらエステート 大阪の任意売却コンサルタント ご案内

<b>0120-721-520</b> 0120-721-520

通話料無料(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間 9:00~20:00 (土日祝日対応)
土曜・日曜・祝日の対面ご相談を承ります(事前予約制)

📧メール相談はこちら

24時間受付中!
お気軽にご相談・お問い合わせ下さい

秘密厳守を徹底します
当社では、訪問等のしつこいセールスは一切行っておりません。
まずはメール・お電話でお問い合わせをお願い致します。

-ケース別の任意売却
-

Top

Copyright© 大阪の任意売却コンサルタント|住宅ローン返済・競売の相談 , 2017 All Rights Reserved.

メニュー